<< 大事な退職金の運用としてのFX | main | 主婦もFX >>

スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


FX取引の証拠金とは

FX(外国為替証拠金取引)がどのように行われているのかについて、FX初心者に分かるように5回にわたって解説いたします。

FX取引では、まず最初に証拠金をFX取引業者に預けることによって取引が開始されます。外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でまかなうのではなく、一種の担保のような資金をFX業者に預けて取引を開始するのです。証拠金の額は、最低1万円、一般的には10万円くらいが相場のようです。

この証拠金に対してレバレッジをかけることで、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が可能になります。レバレッジの倍率は業者によって異なりますが、最高レベルで見ると、10万円の証拠金に対して最高2000万円の取引が行えることになるわけです。

この点がFXの魅力でもある訳ですが、FX初心者の場合はいきなり高いレバレッジをかけてしまうと、当然応分のリスクも負わねばならないですから、最初は10倍程度の低いレバレッジで練習してみて、FX取引の概要をつかむことから始めるべきでしょう。だんだんと慣れて、FX初心者を卒業する頃になったら、レバレッジの率を上げていけば、より多くの額の取引が可能になります。

なぜ、このような仕組みになっているのかというと、為替レートは一般的には変動率が小さいので、特にキャピタルゲイン(為替差益)で儲ける場合には相当数の資金がなければ、大きな儲けが出ないからなんです。

相当数の資金を自己資金でまかなうとなれば、FXを始められる人はぐんと減ってしまいます。それで一種の信用取引きのような形で証拠金を預け、レバレッジをかけることによって、FX初心者に対する敷居を低くしているんですね。


〔PR〕 産後ダイエットキャッシングマイレージ脱毛ボトックス



タグ:FX,FX取引,証拠金,外国為替証拠金取引,レバレッジ

スポンサーサイト

  • 2013.06.19 Wednesday
  • -
  • 12:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
sponsored links
リンク
FX外国為替の専門用語集
アベノミクスでFX市場はどうなるか?
カンタン操作ならカシオ楽一
selected entries
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM